Home » あすりーぶQ&A » どんな施術者なのかしら?(国立 立川 国分寺 鍼灸)

どんな施術者なのかしら?(国立 立川 国分寺 鍼灸)国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ

2015年01月11日 category : あすりーぶQ&A 

こんにちは

 

早速ですが、このブログをはじめてみていただいた方のために自己紹介をさせて頂きますね。




私がはりきゅう師になりたいなぁと思ったのは高校生の頃でした。


当時、陸上競技をやっていた私は友人に連れられて初めて鍼灸マッサージ院へ行きました。


そこで受けた治療で痛みがなくなり、感動したのがきっかけで興味を持ったのです。


その後、同じ部活の友人にマッサージを見よう見まねで行うようになりました音譜


大学でも体のことを学びましたが、この仕事に就き開業するには国家資格が必要ということで、その後、専門学校へ入学しました。

国家資格を取得するためには3年間学校へ通わなくてはならないため、働きながら学校へ行きましたあせる

当時は接骨院で働いていて、午前中は勉強、午後は仕事の日々・・・

かなり大変な生活でしたが、それでも、患者さんのありがとうという言葉や同じ道を志す友人に支えられ切磋琢磨しておりましたラブラブ

怒られてばかりでしたが、患者さんの手紙にはいつも泣かされておりましたしょぼん

その後、スポーツアロママッサージという手技療法に出会い、魅せられ、第一人者の元で学びます。

アテネオリンピックの選手村にも連れってっていただき、マッサージを施してきました走る人

スポーツ選手に施術する一方で、銀座のクリニック内にある女性専用鍼灸院で多くの患者さんの施術をさせていただきました。

患者さんと接する中で新めて女性はその成長過程において、思春期、結婚、妊娠、出産、そして更年期と体調の変化を経験し、その変化するときに不調を抱えると実感しました。

その変化による不調はホルモンが関わっているため、自分ではどうしようもなかったり、家族や周囲にはなかなか辛さを分かってもらえないという声がが多々ありました。

そして、皆さん、口々におっしゃったことは病院へ行くほどではないけれど、この辛さを相談する場所がわからないという言葉。

そんな様々な経験から、みなさんの不調ちょっとした不安を解消できるような施術者になりたい、病院に行くか行かないかをアドバイスできるサロンを作りたいという熱い想いを胸に、はりきゅうサロン athlive(あすりーぶ)をオープンしました。

毎日やってくる色んな出来事。

ちょっとしんどいことがあったとしても、アスリーブに来ると、笑顔になって気持ちが晴れて明るくなり
あるいは、しんどいモノを置いて帰ることができ
自分の中にある答えを見つけることができ
疲れたココロとカラダを癒してリセットし
「さぁ、またがんばってみようかな♪」と、
自分の「場」に戻り、また元気に歩き出せる。
アスリーブは、そんな場所になりたいと願っています。
人はだれでも健康で長生きしたいと思っています。

そんな皆様の思いの片隅で、ほんのちょっとお役に立てて歓んで頂けたら・・こんなに幸せなことはありません。

体をラクにするだけでなく、 私の持つもの全部を使って患者さんの元気と未来を応援します。

あなたも一度athlive(あすりーぶ)に来てみませんか!?

お会いできるのを楽しみにしておりますラブラブ
長文を最後までお読みくださりありがとうございました。
心より感謝を込めてニコニコ

 

Copyright(c) 2015 国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ All Rights Reserved.