Home » 子どものお悩み » タイプ別夜泣き 俳諧

タイプ別夜泣き 俳諧国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ

2015年07月02日 category : 子どものお悩み 

夜泣きのタイプ③

夜中に徘徊する

ひどいと外まで出てしまう

 

 

男の子に多いのが子の夜泣きのタイプです。

 

特に3歳ぐらいの物事がよくわかるような年に多くなる状態です。

 

「夜驚症」といわれる場合もあります。

 

昼間のストレスや興奮を引きずって夜中に夜泣きをしながらあちこちうろうろしてしまうのです

 

恐怖や不安が多いときに起こることが多いようです。恐怖感のほかにも大汗をかいたり、心拍が多くなったり、顔が引きつったような、こわばったような表情を見せたりします。

 

そのため、安心させてあげることが大切ですね

怖いテレビや戦闘もののアニメは控えたほうがいいですよ

 

「暗くても大丈夫よ。安心して眠りなさい」落ち着かせる言葉がけが大切です
ただし、続く場合はてんかんとの鑑別も必要です

57c6f17e4077377aae2a1fb5718274f9_m

 

Copyright(c) 2015 国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ All Rights Reserved.