Home » 子どものお悩み » 離乳食は赤ちゃんのペースで(国立 立川 国分寺 鍼灸)

離乳食は赤ちゃんのペースで(国立 立川 国分寺 鍼灸)国立市の妊婦さんが受けられるはりきゅうサロン あすりーぶ

2015年11月07日 category : 子どものお悩み 
離乳食を無理に進めないほうがよい理由をお話していこうと思います

人間はほかの哺乳類と比べると早い段階で出産となります。

そのため、生まれてすぐは歩くこともできず、視力もまだない状態です

ほかの哺乳類は生まれてすぐ立てる状態ですが、お母さんのお乳を飲んで育ちます。

その後、少しずつ歯を使う食事に移行していきます。

進化の過程で臓器も骨格も必要だから進化をしてきました。

そう考えると歯がまだはえていない状態で離乳食をすすめることは早すぎるといえますね
Copyright(c) はりきゅうサロン あすりーぶ All Rights Reserved.