Home » 健康コラム » アレルギー対策とは

アレルギー対策とは国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ

2015年06月26日 category : 健康コラム 

国立*女性のためのリラックススポット athlive(あすりーぶ)ですニコニコ


アレルギーにならないために。。。もしくは、なってしまったとき最小限に症状を抑えるにはどうしたらよいのでしょうか?



それは後天的原因のストレスや食事、腸内環境を整えるということと、環境的原因のハウスダストやダニを追い出す生活ということになります!!


1ストレスを溜め込まない

2食事の改善

3ハウスダストやダニ、花粉などを部屋に持ち込まない!


ですね!!


1ストレスに関してはスポーツをするもよし、マッサージをするもよし、自分なりのストレス解消法を見つけていただければと思いますアップ


ただ、お子さんの場合はストレスを感じていても自分で言ったり、それがストレスだと感じ取ることができず、必ず体に現れますので、その反応を見逃さず、ママやパパがケアしてあげることが大切ですねラブラブ


2食事に関してはどこへ行っても食品添加物や油はありますから、すべて除去はできませんあせる取り除こう!取り除こうと頑張るとぎゃくにそれがストレスになることもあります。



農薬残留物が。。。なんて言っていると外食やコンビニもダメNG


きりがありません。




ですから、なるべく、野菜中心の薄味の和食をベースにできないときはできないでしょうがない!と割り切りましょう。



心がけることが大切ですニコニコ


ちなみに私は全てをするのは無理なのである方からヒントを得て毎日使う調味料だけはいいものを使うようにしています!!




野菜、肉、魚、果物全てを毎日、無農薬にすることはできませんものねナイフとフォーク


3ハウスダストやダニ、ホコリ、花粉などを部屋に持ち込まない


これに関しては目に見えないのでとっても大変ですよねむっ


うちは主人が花粉症、息子が食物アレルギーやら、じんましんやらがあるので、毎日、床掃除をしていますガーン


ある程度は家に入る前にはたいてきますが、全ては取り除けません。

入ってしまったものは掃除するしかないのです!!


しかも、掃除機には排気があるため、向きません。ホコリをさらに舞い上げます。


床の拭き掃除。。。。基本的に毎日ですショック!


私も幼い頃はアトピーがあり、主人のアレルギーを考えると基本的に息子たちがアレルギーになる確率は50%。


発症させないようにするにはダニ、ホコリ、花粉、フケ、ダニ、食べこぼしなどのハウスダストを除去することが一番有効ですアップ


本当は観葉植物もおきたいのですが、ダニがつくし、ほこりもたまるので我慢していますむっ


ペットも飼いたいのですが、ある程度時期が来るまでは我慢ですにゃーわんわん


ソファーを置いていらっしゃる方は出来たら革製がおすすめです。

もし、布製の場合はカバーを付けるか、タオルなどを上にかけてそれを洗濯するようにすればOKですベル

しばらく使っていないエアコンや換気扇もホコリやカビの温床ですあせる

こまめに掃除をしましょうねにひひ

毎日、寝る時に使うおふとんぐぅぐぅ

これもダニの住処となりますよ叫びお天気のいい日は天日干し、もしくは布団乾燥機にお手伝いいただき退治しましょうねグッド!

長々となってしまったのでこのへんでキャハハ

お読みいただきありがとうございました。


スポーツアロマ勉強会


■7月2日~(木曜日)9時45~

【初心者のためのスポーツアロママッサージ実技講習会】 

詳細はこちら

Copyright(c) 2015 国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ All Rights Reserved.