Home » 健康コラム » 触れ合う大切さ(国立 立川 国分寺 鍼灸 妊婦)

触れ合う大切さ(国立 立川 国分寺 鍼灸 妊婦)国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ

2015年12月18日 category : 健康コラム 

先日、テレビでアメリカで生まれたばかりの双子の話が紹介されました

生まれて間もなくの双子ちゃん。
一人は健康な体で生まれてきました。

しかし、もう一人は命にかかわる状態で生まれてきて
医師も手の施しようがなかったそうです

両親が見守る中、ある看護師が
ご両親にこんな提案をしました

「別々保育器に入れられていた娘さんを同じ保育器に
入れてみるのはいかがでしょうか?
科学的な根拠はありませんが、ヨーロッパでは
別々の保育器に入れられた双子を同じベットに
寝かせたところ、症状の改善が見られた
という報告があります」

ご両親もどうぜ尽くす手がないのなら・・・
と藁をもつかむ思いで同意しました

そして、看護師がベットに並べて寝かせた直後
驚くべきことが起きました

なんと元気な赤ちゃんが、死にそうな赤ちゃんの肩を
抱くような姿勢をとったのです。

肌がふれた瞬間(保育器の中では紙おむつだけ着用してます)
なんと状態が安定しはじめたのです

こんな奇跡があるなんて!!誰もが驚きを隠せなかったそうです

20年前のことなので、確かに科学的根拠は
証明されていなかったかもしれません。

しかし、ふれあいは人間にとって安心感や安らぎを与える
最高のリラクゼーションとなりうるということを経験的に
知っているかのような出来事だなと思いました。

是非、お母さんと赤ちゃんのふれあいとして
ベビーマッサージを活用してほしいなぁと思います

ベビーマッサージ講習会はこちら

今日も最後までお読みいただきありがとうございました

_banner02

ご利用の皆さまと主な目的

【地域】

主に、国立市・国分寺市・立川市・府中市・日野市・小平市・小金井市・武蔵野市・調布市・ 八王子市・武蔵村山市・東村山市・埼玉県中央区・浦和区・大宮区・所沢市・新座市など からお越しいただいています。

【年代】

30代、40代の方メインに、20代、50代、60代までの幅広い年齢層の方にご利用いただいています。

【目的】

定期的なケアをメインに、逆子、つわり、マタニティ(妊娠期)・産後・肩こり・腰痛・首のこり・ 頭痛・腱鞘炎・腕のだるさ・しびれ・背中のハリ・関節痛・恥骨痛・むくみ・足のつり・不眠・ 不安・イライラ・冷え・などなど妊娠期に起こるトラブル解消

また、小さなお子様もご一緒に施術を受けることができます。

小児はりでかんむし、夜泣き、食欲不振、爪を噛む、ダダをこねる、喧嘩をする、 物を投げる、便秘、風邪、小児喘息、アトピーなどの症状でお悩みのベビーちゃんを治療しております

【人気メニュー】

鍼灸30分+マッサージ30分

Copyright(c) 2015 国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ All Rights Reserved.