Home » はり治療 » 鍼の歴史

鍼の歴史国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ

2014年11月08日 category : はり治療 

当サロンでは7割ぐらい鍼灸治療を選択なさいます。

確かに鍼灸院ですから。。。。

最近はやりのかっさも実は針の一種だって知ってましたか?

最も古い鍼の道具は原始時代の「砭石」へんせきと言われています。

これは石をきりやくさび形に磨いて作った石器です。

図解 鍼灸臨床主義の実際 尾崎昭弘著より引用

かっさの形と槍の形なんとなく似てますよね~

主に負傷による皮膚化膿部の膿の排泄や腫瘍の切開などに使っていたそうです。

原始時代は今と違って動物に襲われたり、狩りをした時に抵抗した獲物にやられたりしたことも多かったはず。

そんな時、傷んだ箇所の手当として鍼が使われました。

もちろん、痛いところをさすったり、もんだりというところでマッサージも生まれたのです。

経験的にこのような知識を得て行ったんですねニコニコ


╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋



   はりきゅうサロン athlive(あすりーぶ)
〒186-0004
    東京都国立市中1-8-26
    ジュネスくにたち102
TEL: 042-505-7213
Email: athlive@outlook.jp
URL: http://athlive.jimdo.com/
FB:https://www.facebook.com/athlive
╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋
Copyright(c) 2014 国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ All Rights Reserved.