Home » マッサージ » 日本の伝統手技 按摩

日本の伝統手技 按摩国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ

2014年12月02日 category : マッサージ 

日本の伝統手技療法である按摩は叩く、押す、揉む、さするなどを用いて整体の機能回復を図る手技療法です。

按摩の按とは抑える、摩は撫でるという意味がありますべーっだ!

世界最古の医学書である「黄帝内経」には按摩という言葉が出てくるのですが、具体的には書かれていなませんアップ

日本のあんまも中国から鍼灸などと一緒に伝わったと考えられています。

中国で隋の時代に按摩は独立した専門学問として扱われるようになっていっきました!!

そして唐王朝では典薬寮という宮内省に属する機関が設けられます。

この機関は医師だけでなく、按摩師、はり師、などが天皇への医療を施すものとして所属していました。

日本でも同様に奈良時代になると非常に重要視され、医事制度の中に医師などと一緒に按摩師も置かれることとなります。

その後、この制度は廃止されてしまいますが、もみ療治と言われ一般大衆の中で広く親しまれていくようになりました。

そのため、江戸時代ぐらいになるとあんまを職業とする人は、親しみを込めて「あんまさん」などと呼ばれるようになっていきます。

また文献などの書籍も多く記されるようになり、様々な流派が出てきます。

この頃になると日本独自のアレンジされた按摩が広まっていきますが、その後、師弟制度の崩壊と技術の衰退により、途絶えていくことになります。

よく知られている流派では杉山流や吉田流という按摩手技療法があります。

しかし、今では様々な手技療法が伝わり広まっているため、あんまの手技のみで施術する施術者は少なくなっています。


Copyright(c) 2014 国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ All Rights Reserved.