Home » スポーツアロマ » スポーツアロマをする方に精油を用いる訳

スポーツアロマをする方に精油を用いる訳国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ

2014年06月01日 category : スポーツアロマ 

皆さんこんにちは。


突然ですが、精油って一本10mlぐらいでいくらするかわかりますか?


平均2000円台から3000円台。高いと1mlで10000円なんてものもショック!


高い精油を使ってオイルマッサージをスポーツ選手にするのですか?という質問を受けました。

精油にはさまざまな効果が立証されており、スポーツ選手のお悩みである痛みを取りたい!筋肉をしなやかにしたいなどのご要望にお応えすることが可能なのです。


むろんスポーツを行っていなくても有効なのは言うまでもありませんsign03

それは精油の持つ抗酸化作用が理由の一つです。


体を酸化させる原因はストレスやたばこや運動などさまざまですが、運動選手は日々トレーニングをし、体を疲労させ、酸化物質を作り出しています。


これがいわゆる活性酸素です。

活性酸素は細胞を傷つけ、炎症を起こします。これが痛みにもつながっていくため鎮痛や抗炎症作用の精油のチョイスが必要ですが、プラス活性酸素に対する抗酸化作用も必要となります。


運動すると呼吸によって多くの酸素を取り入れますが、その分、細胞を傷つけていますので活性酸素も多く発生します。炎天下などで運動をすると活性酸素の発生は通常の50倍にもあるのです。


発生した活性酸素によって体が錆びるのを防ぐ物質はタンパク質や酵素などの栄養分が主ですが、外側からも抗酸化作用のあるもので刺激してあげることによってより効果的にさびを防ぐことができるのだと思いますnote


ちなみに抗酸化作用を表すためにサプリメントや食品などでは計測がなされています。


例えば、ブルーベリーは抗酸化作用を持つ食べ物の一つですが抗酸化作用はORAC数値は100ml当たり2,400です。その他、私が持っている使用の中にある精油の数値を記入してみます。

ラベンダー    約3700
スペアミント    約5400
レモン          約6000
レモングラス     約18000
オレンジ        約19000
ユーカリ       約24000
シナモン      約104000
オレガノ      約153000
タイム        約160000
クローブ     約10000000

抗酸化の精油成分はフェノール、オイゲノール、チモール、カルバクロールなどが有名ですが精油1滴でもパワフルなわけがわかりますねwink

今日も読んでくださりありがとうございましたheart04

Copyright(c) 2014 国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ All Rights Reserved.