Home » 逆子 » 逆子の灸(国立 立川 国分寺 鍼灸)

逆子の灸(国立 立川 国分寺 鍼灸)国立市の妊婦さんが受けられるはりきゅうサロン あすりーぶ

2015年10月22日 category : 逆子 
最近、お灸でセルフケアする芸能人が多いのをご存知ですか?

 

小森純さんや大島美幸さんはブログでその姿を紹介していました。


妊娠中の逆子の時にお灸をすると効果があるといわれていますが、確かに効果はあります。

 

あるデータでは9割近く有効という論文もあります

 

実際私も妊婦さんを多く施術しますが、逆子でお悩みの方非常に多いですよ~

 

治らなければ帝王切開になりますものね。。。。。そして、一度帝王切開を受けると二児、三児も帝王切開での出産となります

 

 

大体、28週から35週までに施術を開始したほうが治る可能性が高く、36週を超えると胎児も大きくなるし、難しくなるようです。

 

子宮筋の緊張を緩め、血液循環が改善することで胎児が動きやすくなるといわれています

 

もちろん、施術を受けるだけでなく、セルフケアとして、逆子体操などもおすすめです。

 

 

お困りの方、ぜひご相談ください

 
Copyright(c) はりきゅうサロン あすりーぶ All Rights Reserved.