Home » 逆子 » 逆子のためのセルフケア その1(国立 立川 国分寺 鍼灸)

逆子のためのセルフケア その1(国立 立川 国分寺 鍼灸)国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ

2015年10月24日 category : 逆子 

寒くなってきました

 

この時期妊婦さんにとっては冷えとの戦いですね~

 

冷えてしまうと、骨盤内、すなわち赤ちゃんへの血液量が少なくなり、酸素や栄養が十分に行き渡らないなんてことも・・・

 

そんなとき、セルフケアの強い味方はお灸です。

 

お灸とはヨモギの葉を乾燥させてひねったもの

 

昔は悪いことをしたらお灸を吸えるよ。といわれたと言いますが、今はあとのつかない無痕灸や間接灸と言われるものがしはんでも用いられています

 

何よりお薬ではないので副作用が少ないので安心して使えます。

 

今はドラッグストアでも手軽に購入できます。

 

行う場所は①至陰 ②三陰交 という二つの場所です。

 

場所は以下のとおりです。

①至陰(足の小指の外側で爪の付け根から1,2㎜かかと方向へ向かったところ)

CIMG2384

 

 

②三陰交(うちくるぶしの頂点から親指以外の四本の指をあてたところ)


CIMG2383

 


気持ちいなぁ、暖かいなぁという程度の熱を維持してください。

 

それ以上になる時はピンセットやお箸でとってくださいね。

 

お灸が煙の出るタイプの場合は換気を行いながらお灸をすえてください。

 

また、火災報知機がある方は気をつけてくださいね。

 

 

 

Copyright(c) 2015 国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ All Rights Reserved.