Home » 逆子 » 帝王切開はリスクを伴う(国立 立川 国分寺 鍼灸 妊婦)

帝王切開はリスクを伴う(国立 立川 国分寺 鍼灸 妊婦)国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ

2015年11月25日 category : 逆子 

逆子などが原因で帝王切開を行う方もいらっしゃいます

年々、帝王切開率は高くなっているそうですが
手術ですから、自然分娩よりリスクが伴います

しないに越したことはありません

一度、帝王切開になると2児,3児も帝王切開になると
いう話を聞いたことはありませんか?

2回目以降も帝王切開手術になることを
反復帝王切開(VBAC)といいます

その理由はご存知でしょうか?

 

実は一度帝王切開になった方でも自然分娩で出産するケースもあるのです

ではなんで、帝王切開を経験すると帝王切開出産になると口々にいうのでしょうか?

 

それは子宮破裂のリスクが大きくなるためです

破裂はいつ起こるか予測ができず、起きたときには
母子の命にかかわることになります

そういったリスクを回避するためにカイザー(帝王切開)
分娩を選ぶ医師が多いのです。

しかし、切ったら一生の傷

リスクを伴う前に逆子と診断されたら
すぐ鍼灸治療を試してくださいね
CIMG1952

ご利用の皆さまと主な目的

【地域】

主に、国立市・国分寺市・立川市・府中市・日野市・小平市・小金井市・武蔵野市・調布市・ 八王子市・武蔵村山市・東村山市・埼玉県中央区・浦和区・大宮区・所沢市・新座市など からお越しいただいています。

【年代】

30代、40代の方メインに、20代、50代、60代までの幅広い年齢層の方にご利用いただいています。

【目的】

定期的なケアをメインに、逆子、つわり、マタニティ(妊娠)・産後・肩こり・腰痛・首のこり・ 頭痛・腱鞘炎・腕のだるさ・しびれ・背中のハリ・関節痛・恥骨痛・むくみ・足のつり・不眠・ 不安・イライラ・冷え・などなど妊娠期に起こるトラブル解消

また、小さなお子様もご一緒に施術を受けることができます。

小児はりでかんむし、夜泣き、食欲不振、爪を噛む、ダダをこねる、喧嘩をする、 物を投げる、便秘、風邪、小児喘息、アトピーなどの症状でお悩みのベビーちゃんを治療しております

【人気メニュー】

鍼灸30分+マッサージ30分

Copyright(c) 2015 国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ All Rights Reserved.