Home » むくみ » むくむ仕組み

むくむ仕組み国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ

2014年11月24日 category : むくみ 
妊婦さんは正常時より足がむくみやすいとお話はよくしられていますが、むくむという現象はどのようにして起こるのでしょうか?




まず、血管には心臓から全身へ血液を送る動脈と心臓へと血液を戻す静脈があります。動脈は心臓のポンプ作用と重力で血液が流れます。




一方、心臓へ戻る静脈は道スジが下から上。ですから、この力を助けるのは筋肉の力ということになります。




筋肉の作用は筋肉ポンプと言われています。







足がむくむメカニズム イメージ

エスエス製薬より引用

http://www.ssp.co.jp/nr/2013/20130522.html


筋肉は力を入れると太くなり、緩むと細くなります。

 




筋肉が太くなったときは静脈やリンパ管は締め付けられるのでその場所から動かざるを得なくなります。




ただし、弁という逆流防止のフタが付いているため一度、上った血液は下に戻らない仕組みになっています。






※画像はフィットネスの勧めから引用




静脈やリンパ管は全身にあり、皮膚のすぐ下にあるためマッサージをしたり、着厚ソックスを履いたりすると効果的にむくみを解消することが出きます。
Copyright(c) 2014 国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ All Rights Reserved.