Home » 肌トラブル » 皮膚は○○の鏡

皮膚は○○の鏡国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ

2015年02月14日 category : 肌トラブル 

皮膚は内臓の鏡ですよ」という言葉。
そう、その言葉のとおり、皮膚はその人の全身状態を映しだすものです。

 

特に施術させていると常々、そう感じてしまいます。


例えば、腰が悪い人は腰の皮膚の色がくすんでいたり、毛が生えていたり・・・・



赤ちゃんでもそうです。

さらには肌の状態から内臓の病気が探し出されることもありますあせる


肌が整えば、内臓も健康である可能性が高いのです。(実際には開けてみないとわからないですよ~)

ここでちょっと豆知識!!


皮膚はからだの全表面を覆い、外部からの刺激や衝撃から保護するや体温調節をする役割を持っています。


それと同時に触覚、圧覚、温冷覚などの感覚器としての機能も併せ持っています。


表皮、真皮、皮下組織と3層に分かれています。


表皮は0.05mm~1mm程度で、真皮は1mm~3mm。


場所によって変わります。刺激を受ける足の裏などは分厚いですねアップ
ティッシュペーパーほどの薄さですが、内蔵の状態は表面に現れるんですよ~



イコール、出てくるときには中の状態はそれなりに悪いのだと考えられます。


もし、あなたに今現在、何らかのトラブルがあるなら、もしかしたら、それが何かの形で肌にSOSをだしているかもしれませんガーン



肌の反応は様々です。


緩んだり、硬くなったり、凹んだり、でっぱたり、冷えたり、熱くなったりなどなど・・・・




ただいえるのはそんなときは生活全般を見直してみましょうということ


睡眠不足じゃなかったかな?食べ過ぎてないかな?冷えていないかな?ちょっとしたことが体表に現れるのですダウン



ただ見直したとしても1日ですぐに肌も内臓の状態も元の状態にもどるというのは難しいのが、現状です。

少し時間をかけて肌を観察し、体調を測るバロメーターとして肌を観察してみてください音譜


 
Copyright(c) 2015 国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ All Rights Reserved.