Home » スタッフのご紹介

スタッフのご紹介国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ

代表ご挨拶Message

 _dsc7028

当サロンのホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

私は高校・大学と学生時代スポーツに
関わる中で、
自分自身が幾度か
怪我に悩まされたことがありました。

 

その経験がきっかけとなり、
怪我で苦しむ人の力になりたいと
思いを強くし、
大学卒業後、
鍼灸師の資格を取得しました。

 

また、多くの著名アスリートが信頼を寄せる
スポーツアロマトレーナーの資格も
併せて取得しました。

 

そして、整形外科、鍼灸院、
整骨院で働きながら、

技術を磨き経験を積み重ねてまいりました。

 

その過程で頂いた患者様のお声から、
女性は特有の悩みをお持ちの方が
多い事に気づかされました。

 

女性はその成長の過程において
思春期、結婚、妊娠、出産、

そして更年期と体調の変化を経験します。

 

その変化に伴って起きる不調は、
本人にとってはとても辛い事なのに
家族(夫や恋人)にその辛さを
中々解ってもらえないこともあります。

 

また「男性の医師には相談しにくい」
などの理由から
身体の不調を我慢しながら
一人で悩みを抱えてしまいがちな方も

多いのではと感じております。

 

当サロンでは、プライベートな空間で
痛みに対する局所治療から
穏やかに効かせる全身調整まで
さまざまな
お悩みに対応できる
鍼灸治療と精油という香りの成分を用いて

心身のバランスを整える
スポーツアロマを組み合わせた施術が可能です。

 

皆様がより健やかな日々を過ごせるよう、
少しではありますがお手伝いさせて頂ければ幸いです。

 

院長 : 今城 絵梨香(Erika Imashiro)

整骨院、整形外科勤務を経て、
セイクリッド・スピリッド
(現 有限会社 プレミナ)に勤務。
ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック
(併設セラピールーム) における施術業務
プレミナセラピストスクールにおける講師業務

主なスポーツアロマ活動(スポーツアロマトレーナー協会活動

・アテネオリンピック選手村マッサージボランティア(海外選手担当)
・世界陸上大阪(北欧6カ国調整合宿)
・北京オリンピック(北欧6カ国調整合宿)
・秋田国体 青年ラグビー
・丸亀ハーフマラソン
・湘南国際マラソン
・館山わかしおトライアスロン、等多数。

主な講師活動

・NPO法人 日本スポーツアロマトレーナー協会認定講習会
・公社 日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター講習会
・公社 日本アロマ環境協会認定アロマセラピスト講習会
・株式会社 フラスター主催 スポーツアロマ入門セミナー
・株式会社 ミズノ主催 ランニングセミナーにて セルフケアセミナー
・合同会社 トップギア主催 ヨガとスポーツアロマ セミナー
・ヒロ整骨院主催 女性のためのアロマセラピー セミナー
他多数

 

セラピスト紹介

はじめまして!

国立市のはりきゅうサロン athlive(あすりーぶ)
セラピスト 今城絵梨香と申します!

少しでも安心してご来院いただくため、
セラピストの自己紹介をさせて頂きますね♪

今城絵梨香

・1979年10月27日生まれ
・埼玉県さいたま市出身
・さそり座
・A型

 

好きなもの・好きなこと

スポーツなど体を動かすことをすること・いちご・ピンク色

 

セラピスト今城絵梨香の略歴

1979年10月27日 竹内家の長女として誕生。

『絵梨香』という名前は両親が サザンオールスターのファンで『愛しのエリー』のエリーからとったそうです。
『香』というもいう文字が含まれていますが、『香=アロマ』と私の今のお仕事にとても深く関係しているので、 自分の名前が大好きです!

 

幼稚園

お絵描き・ぬり絵が大好きだった幼少期。

名前の如く、おしとやかで、おとなしい女の子でした。
名前に含まれている『絵』という文字の通り、
絵を描くことが好きで
した。
この頃の夢は『看護婦さん』でした。

img_20161004_0001_new_new

 

小学校

どんどん活発な女の子になっていきます。
公園で遊んでいて野球をしている男の子たちの中に入ってしまい、 頭にバットが当たり、お
でこをぱっくり切ってしまったのもこのころです。

5針縫う大けがでした。

また、海で岩場からジャンプして、足の小指をひっかけ骨折したこともあります。

体を動かすことが大好きで、怪我なんてへっちゃら。

とても活発で負けず嫌いでした。

img_20161004_0002_new

 

中学校

体育の授業が大好きでした。

みんなが嫌がるマラソン大会では1位、2位を争う程得意でした。

バスケットボール部に所属し、毎日、汗を流していました。

 

高校

img_20161004_0005_new_new

星野女子高等学校・英語科に入学。

とても規則が厳しい女子高でした。

私がはりきゅう師になりたいなぁと
思ったのは高校生の頃でした。

当時、陸上競技をやっていた私は
友人に連れられて初めて
鍼灸マッサージ院へ行きました。


そこで受けた治療で痛みがなくなり、

感動したのがきっかけで興味を持ったのです。


その後、同じ部活の友人にマッサージを
見よう見まねで行うようになりました。


マッサージをするうちに受けたときの
気持ちよさと相手にしてあげて
喜ばれたときのうれしさを経験し、

自分なりにいろいろやってみるようになりました。


これが今の職業に就いた原点です。

 

大学

東海大学体育学部体育学科に入学。

専攻はスポーツ心理学でした。

img_20161004_0003_new

高校でマッサージを独学するうちに
スポーツトレーナーという職業を知りました。


アスレチックトレーナーという
資格を取れば、その職につける!!
と大学へ進学したんです。


大学進学募集要項に
アスレチックトレーナー取得カリキュラム
申請中とあったのですが、
当時、アスレチックトレーナーという
資格自体がまだ、発展途上でした。

 

その学校に入学するものの、
卒業するまでにカリキュラムが
整うことはありませんでした。

結果、トレーナーになるために
受けなくてはならない授業が
大学在学中に取得できませんでした。


また、バイオメカニクスや心理学、
トレーニングなども含めた体のことを
大学では学びましたが、

日本ではトレーナーの定義自体あいまいで、
私のやりたいこととずれていました。

調べていくと、私が高校生の頃になりたいと
思った仕事をするには国家資格が必要
ということもわかり、その後、
専門学校の進学へと進みます。


また、学業とは別に運動もやっていました。


大学でも陸上競技部長距離ブロックに所属し、
毎日、30Kmぐらい走っていました。

一度だけ、全国大会に出場した経験があります。

 

この時ほど、朝から晩までのめり込み
走りまくったことは他にありません。

専門学校


国家資格を取得するためには3年間学校へ
通わなくてはならないため、
働きながら学校へ行きました。

%e5%af%ba%e5%b8%ab%e5%85%88%e7%94%9f%e3%81%a8

当時は接骨院で働いていて、
午前中は勉強、午後は仕事の日々・・・


かなり大変な生活でしたが、院長やスタッフ、
仲間に恵まれ育てていただきました。

 

いつも怒られてばかりの
新人時代でしたが、患者さんの
ありがとうという言葉や

同じ道を志す友人に
支えられ切磋琢磨しておりました。

img_20161004_0006_new_new


転機

整骨院を2年で辞めたある日、
たままたみた雑誌に
スポーツアロママッサージという
手技療法のことが書いてありました。


大学時代、授業中の余談で
スポーツアロマのことを聞いていました。


具体的にはシドニーオリンピックに
スポーツアロママッサージを
選手に施した日本人がいるということ。

それがスポーツアロマの
第一人者 神崎貴子先生です。

そして、その後、幸運にも
神崎貴子先生のレッスンを受けることが
できたのです。

rimg0014
スポーツアロママッサージを教えていただき、
どんどんスポーツアロマの世界に魅了されていきました。


なおかつ、神崎先生の元で
働かせていただくことになり、
本当に隅々まで学ばせていただきました。


そして、しばらくたった2004年。

最大の出来事がこちら!

%e3%82%a2%e3%83%86%e3%83%8d%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%96%e3%83%ad

日本スポーツアロマトレーナー協会の活動で
神崎貴子先生とほかの日本人の方達、
計7名がアテネオリンピックの選手村で
スポーツアロマの施術をさせていただくことになったのです。

  

この経験は私のターニングポイントとなりました。

 rimg0218

さらに銀座の女性専用クリニック内
鍼灸サロンでも多くの患者さんを
施術させていただきました。

今までと全く違った患者さんや
病気と向き合う中で、
私の中にも変化がありました。


新めて女性はその成長過程において、
思春期、結婚、妊娠、出産、
そして更年期と体調の変化を経験し、
その変化するときに
不調を抱えるものなんだと実感。


そして、世の中を見てみると
とても大切な時期を過ごしている
妊婦さんや産後の方のケアする
サロンや治療院が少ないことに
気が付きました。


そして、その部分にフォーカスした
施術者になりたいと思うように
なっていったのでした。

講師業

 その後も施術を行う傍ら、
 スポーつアロマ講習会の講師
としても勉強させていただきました。

マッサージだけでなく、
精油と呼ばれる植物から
抽出した芳香成分の効果効能や
解剖学、スポーツ障害、
疾患など多くの授業を
受け持たせていただきました。

約10年、スポーツアロマの普及活動に
力を注いできました。

 

アロマのつどい×今城絵梨香

アロマのつどい×今城絵梨香

そんな私もその間に結婚、出産を経験しました。


そして、その後、2011年の震災を経験しました。

当時、恵比寿で被災した私は
4時間歩きましたが、
自宅まで半分の距離しかたどり着かず
働き方を考えるきっかけになりました。

そして、自宅から職場までの距離や
子供たち、家族のことも考え、
震災を機に退職を決意したのです。

開業

開業するまではいろいろ悩みました。

しかし、ある先生の施術と患者さんに
対する姿勢、距離の取り方を見て、
開業するっていいなぁと思うようになりました。

それが成城指圧鍼灸院の田島先生。

先生は開業して15年ぐらい
経つのですが、本当に患者さんの
ことを考えている姿勢が素敵なんです。

1日8人とか9人施術しても、
全くもって接客に疲れがない!!

さすが常陽会の理事という感じです。

そして、出張でも施術していた中、
いい物件のお話があり、
ついに開業を決意しました。

コンセプトなどは前から決めていた
女性とこどものための鍼灸サロン
多くの患者さんと接する中で
新めて女性はその成長過程において、
思春期、結婚、妊娠、出産、
そして更年期と体調の変化を経験し、
その変化するときに不調を
抱えると実感していました。

o0960054013759951926

CMでもありますよね。
7の倍数で体が変化するって!

その変化による不調はホルモンが

関わっているため、自分では

どうしようもなかったり、

家族や周囲にはなかなか辛さを

分かってもらえないという声がが多々ありました。

%e3%82%b5%e3%83%ad%e3%83%b3hp%e4%bd%bf%e7%94%a8

そして、口々におっしゃったことは
病院へ行くほどではないけれど、
この辛さを相談する場所がわからないという言葉。

そんな様々な経験から、

みなさんの不調ちょっとした不安

解消できるような施術者になりたい、

病院に行くか行かないかを

アドバイスできるサロンを

作りたいという熱い想いを胸に、

開業しました。

%e5%be%85%e5%90%88%e5%ae%a4

毎日やってくる色んな出来事。

ちょっとしんどいことが

たとえあったとしても、

アスリーブに来ると、

笑顔になって気持ちが

晴れて明るくなる。

あるいは、しんどいモノを

置いて帰ることができ

自分の中にある答えを

見つけることができ

疲れたココロとカラダを癒してリセットできる。

「さぁ、またがんばってみようかな♪」

自分の「場」に戻り、また元気に歩き出せる。

アスリーブは、そんな場所になりたいと願っています。

人はだれでも健康で長生きしたいと思っています。

 o0960054013735183161

そんな皆様の思いの片隅で、

ほんのちょっとお役に立てて歓んで頂けたら・・

こんなに幸せなことはありません。
体をラクにするだけでなく、

私の持つもの全部を使って患者さんの

元気と未来を応援します。


長文を最後までお読みくださりありがとうございました。

心より感謝を込めて

ページトップへ戻る

 

Copyright(c) 2015 国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ All Rights Reserved.