Home » 腰痛 » 抱っこによる腰痛(国立 立川 国分寺 鍼灸 妊婦)

抱っこによる腰痛(国立 立川 国分寺 鍼灸 妊婦)国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ

2015年12月03日 category : 腰痛 
一気に寒くなりましたね。

あなたは添い寝、添い乳をして
本当にねむりにおちてし待ったことはありませんか?

本日は抱っこで普段から腰痛になっていて
添い乳でへんなかっこで寝てしまい
腰痛が悪化した方を治療しました
子供が3歳ぐらいまでは抱っこの回数がとても多いため
だれもが腰痛を経験していますよね。

今回のケースみたいに
動けなくなるくらいのつらい症状になることもよくあります。

子供は「抱っこ、抱っこ」 と来るけど
腰があイタタタタ・・・・・

したくても、できない、動けない・・・

辛いですね。

 

セルフケアとしては
ずきずきがなければ、温めてあげてください。

ホッカイロ、腹巻、ホットカーペット、シャワー、ドライヤーなどなど

使えるものはたくさんあります

温めてひどくならないように養生してください。

それでも痛みが軽減しなければ、当サロンにご相談ください。

 

 

d8bd4f787daeaef943108e7380e341af_m

 


ご利用の皆さまと主な目的

【地域】

主に、国立市・国分寺市・立川市・府中市・日野市・小平市・小金井市・武蔵野市・調布市・ 八王子市・武蔵村山市・東村山市・埼玉県中央区・浦和区・大宮区・所沢市・新座市など からお越しいただいています。

【年代】

30代、40代の方メインに、20代、50代、60代までの幅広い年齢層の方にご利用いただいています。

【目的】

定期的なケアをメインに、逆子、つわり、マタニティ(妊娠)・産後・肩こり・腰痛・首のこり・ 頭痛・腱鞘炎・腕のだるさ・しびれ・背中のハリ・関節痛・恥骨痛・むくみ・足のつり・不眠・ 不安・イライラ・冷え・などなど妊娠期に起こるトラブル解消

また、小さなお子様もご一緒に施術を受けることができます。

小児はりでかんむし、夜泣き、食欲不振、爪を噛む、ダダをこねる、喧嘩をする、 物を投げる、便秘、風邪、小児喘息、アトピーなどの症状でお悩みのベビーちゃんを治療しております

【人気メニュー】

鍼灸30分+マッサージ30分


 
Copyright(c) 2015 国立駅徒歩2分 妊婦さんが受けられるはりきゅうアロマサロン あすりーぶ All Rights Reserved.